断捨離は早い内にやっといたほうがいい

昔買った家具でボロボロのものをいくつか粗大ゴミに出すことにしました。

集積場まで運ばなければいけません。

でも業者に頼むと高いし、なんとか運べる重さなので自分で出すことにしました。

実は購入する際も店から自力で持って帰ってきたんです。

運搬には当然車を使いましたが、駐車場から家の中までは夫と2人で運びました。

だから、自分らで運び出せるぐらいの重さなんです。

ところが・・・捨てる際にはこれが恐ろしいほどしんどくて。

集積場までたかだか1分ぐらいのところなのに、途中で何度も休み休みやっと運びました。

これが3つ。大変な労働です。

もう少し歳とってきたら、もう自力では運べないかもしれません。

だから皆さん業者に頼むんでしょうね。

不用品処分の業者のチラシが連日のようにポスティングされていますもの。

自力で運んだあの労力なら、1~2万円ぐらいかかるの当然だと思いました。

もちろん、自力で運べない大きな物や、粗大ゴミでも捨てられないようなものは最初から業者に頼みますけど。

粗大ゴミで済ませられるものはできるだけ早い内にやっておいたほうがいいなあと実感しました。

歳とってからだとホント大変です。

だから年寄りのおうちはなかなか片付かないのかもしれませんね。

カツ丼はちょっと贅沢な食べ物かもしれない

日本人が大好きな丼物。

親子丼や牛丼など色々な種類がありますが、いちばん安く食べられるのは牛丼ですね。

牛丼は300円~400円で食べれて、お腹がいっぱいになります。

値段が高い丼は海鮮丼と天丼ですが、ランチでもだいたい1,500円ぐらいします。

親子丼の平均価格は1,000円ぐらいでしょうか?

そしてボリュームのある丼といえばカツ丼ですが、リーズナブルな豚肉を使っている割に値段が高いです。

他の丼物と違って、作るのに手間がかかるせいかもしれません。

カツ丼は田舎の食堂でも食べられる庶民的な料理なのに、私は意外に高級なイメージがあると思っています。

なぜかというと、昔の刑事ドラマによく登場していたからです。

お金に困って強盗などの罪を犯した容疑者が取り調べの時に黙秘していて、刑事が心を解きほぐそうとして出前でカツ丼を注文するのが定番でした。

出前といえばラーメンや蕎麦もあるのに、なぜカツ丼なのでしょうか?

それはお金に困っている人にとって、カツ丼はごちそうだからだと思います。

だから、なぜかちょっと贅沢な食べ物のような気がするんですね。

トンカツの適度な油分と出汁がしみた卵と玉葱は、日本人にとって心が温まる食べ物なのかもしれません。

香港で受けたニセ?頭蓋骨矯正のお話

先日香港で頭蓋骨矯正という施術を受けて来ました。

私は頭の形がかなりボコボコしており、以前から悩んでいました。

1回の施術、なんと15000円。

高額ですが名医という口コミに釣られ滞在中の二日間予約を入れました。

早速訪ねると患者さんはおらず

私一人だけ。

軽くカウンセリングを受けた後、ベッドに横たわり

木魚のように頭をポンポンと叩くのです。

正直私は嘘でしょーと思いながら一時間ひたすら我慢しました。

本日はこれで終了です。

また明日来てくださいと言われ何が変わったのかわからないまま帰宅しました。

二日目、行こうかどうか迷っていたのですが

何か変わるかも知れないという期待を胸にまたドアを叩きました。

また患者さんは私だけ。

そしてこの胡散臭い先生が今日は鼻を高くしますと言うのです。

そしてまた頭をポンポンと叩かれます。

なんかもうこの際ボッタクリバーに連れ込まれた男性の心境です。

もう半分諦め。

騙されたふりをして帰ろうと思って黙ってポンポン叩かれていました。

一時間が過ぎ、鼻が少し高くなりましたねと言って鏡を見せられました。

二日で30000円の高い授業料。

相変わらず頭はボコボコ。

そしで今、地元の整骨院で治療中です。

ちなみに頭蓋骨は呼吸しているように動いているそうです。

そして現在通っている整骨院の先生に頭を見てもらったところ形がイビツだと言われました。

治っていなかった…頭蓋骨。

意外にそこまで

今日は飼っている猫をお風呂に入れました。

猫をお風呂に入れると言うと、大体驚かれますが、結構大人しく入ってくれます。

小さい頃から入れたりしないと、さすがに慣れてくれませんが。。

最近ちょっと体調が悪かった子と、一番体が大きかった子を入れました。

体調が悪かった子は、少し快方に向かっていたので、久しぶりに入れてあげました。

この子は、4匹飼っている中でも、特におとなしい子です。

シャワーにも全然、驚かないので、楽にお風呂に入れられます。

一番体が大きい子は、暴れたりとかはないですが、やっぱり単純に洗う面積が多いので、その分時間がかかって大変ですね。

シャワーにもそこまで驚きませんが、それでも、やっぱり結構体力使います。

お風呂に入れた後は、ブラッシングと乾燥です。

動物専用のドライヤーを使って乾かしますが、最近この機会の調子が悪くて困っています。

買い換えようかなとも思っているのですが、中々手が出ません。

ブラッシングは、猫専用のブラシを使ってするのですが、不思議なことに、とれる毛の量は、体が小さい子の方が多いです。

「ダブルコート」と呼ばれる種類の毛のタイプなのですが、このタイプの毛は、名前通り本当に毛が多い。

これだけで何か作れそうなぐらい、沢山とれます。

お菓子や冷凍食品もろもろの商品の内容量が徐々に減っている

湖池屋さんが、ポテチ最大2割増量するのだそうです。「じゃがいも復活感謝祭」とのこと。そうです、ジャガイモが不作の時がありましたものね、つい最近のことのように思いますが、記事によると一昨年夏の台風の影響だったのだそうです。そこで通常の63グラムから70グラムに増量してくれるみたいです。価格は据え置きだそうです。確かに、最近、中身が少ないなあって思っていたので、価格据え置きで増量というのは有り難いです。でも、そもそもポテチ、ちょっと前まで70グラムだったような気がするのですが。

最近は、いろんな食品で内容量が減っているのですよね。スナック菓子の容量も全般的に減ってきているし、この間なんておせんべいも枚数は同じですが、一枚の大きさが小さくなっていることに気がつきました。そして、一番実感するのは、冷凍食品です。

お弁当用の冷凍食品をよく購入しますが、6個入りだったものが5個入りだったり、5個入りだったものが4個入りになっています。値段をあげると消費者は値上がりを即実感しますが、個数を減らせば支払う金額には変わりがないので企業側もそういう戦略なのだなって思いながら買い物をしています。いつもは90グラム入りのインスタントコーヒーの瓶を買っていたのですが、これも最近80グラム入りのものが登場しました。それと洗剤もいつの間にか量が減っていました。私みたいに内容量まで見ている人って少ないのでしょうか。物はどんどん値上がりしていきますね。仕方がないのですが、これで消費税が上がるとさらに家計には打撃です。

入園グッズに必要なシューズは機能にこだわろう

新学期になると、入園準備に大忙しです。特にシューズ選びは重要・足に小さくてもいけないし、大きいのも危ないし、何より動きやすくなければいけません。そこで注目なのが履きやすい人気のスクールシューズです。人気のものは嬉しい機能がたっぷりついているのでおすすめです。汚れやすいインソールにはスペアが付いていたり、日本製のタオル生地で丸洗いOKであれば忙しいお母さんにはありがたいものです。そしてきちんと抗菌防臭加工素材を使用しているものであれば清潔感もあって良いでしょう。

さらに、エアホールとメッシュ素材で通気性がよく、シューズバッグまでついていれば便利です。靴選びでお悩みの方はまずは選ばれている人気商品を見てみましょう。そして多くの親が実際にこども靴を選ぶ際に気をつけていることは、足の成長をさまたげないこと、そして走りやすいことです。子供はまだ早く靴を履くことができないので、脱いだり履いたりが楽な靴を選ぶようにもしている人も多いものです。そして、シューズバックは子供が好きなキャラクターのシューズバックにすれば愛着ももってもらえて良いです。忘れてしまったり学校に置いてくるようなことも少なくなるでしょう。

久々んに実家に帰ってきた。第一回家族会議

久々に実家に帰ってきました。

なかなかタイミングも合わず、帰る機会がなかったのですが今回は正月なのもあり、少し多めに休みを取って帰省することになりました。

前回帰ったときは、休みが短かったのもあり家族みんなで食事に行く機会がなかったので今回は私が率先して家族を誘ってみんなで居酒屋に行きました。

久しぶりに家族全員がそろっての食事でした。いつも誰かは必ずかけてしまっているので全員集まって食事出来てうれしかったです。初めに言うと、私の家族特に兄と弟はギャグセンが高いのかぼけてるのか真面目に面白いです。

話しているうちにだんだんと兄弟の本領発揮です。ちょいちょい面白いこと真顔で言ってくるので耐えられません。

どうしたらそんな面白くなれるんですか。逆に教えてください。当然私は笑いが止まりませんでした。

ちなみに私は1回ツボに入るとなかなか抜け出せなくなり、ずっとそれを引きずるなかなか厄介なものを持っているので収まるまでなかなか大変です。

その時も全く止まらず、涙流しながら笑っていました。笑い過ぎて次の日筋肉痛になりますこれは。

家族でこんなに盛り上がるところも珍しいのか、うちの家族はほんとに仲良すぎて、兄弟同士も仲良しだしすごく珍しがられます。

こんなに笑ったのもひさしぶりだったので、一生分笑ったみたいで満足でした。

新年早々良いことがありそうです。

今年も笑って良い1年になりますように。

私が今まで出会った保護者あるある。

こんにちは。子供を持つと、何かと学校に行く事が多いです。私は、ママ友を作っておしゃべりするのは、苦手で、常に一匹狼です。

一人一人のママサン達を、観察して1人で、毎回突っ込んで楽しんでいます。

そこで保護者あるあるです。

授業参加に行くと、授業中にも関わらず、先生の話声よりも、ママサン達の声が大きい!子供の授業を見に来たのか、おしゃべりをしに来たのか分かんないです。先生も、注意しないから、しゃべり放題。少しは、静かにしようね。

学校の草むしりに参加したとき、任された場所には、私ともう1人、子供が同じクラスの、ママサンがいました。同じクラスになって2年位経ちますが、挨拶程度しかした事がないママサンです。どうせ私は、どちらかと言うと、浮いてる存在なので、話しかけてくることは、ないだろと、思っていたら、誰もいないせいか、話しかけてくれました。女子でよくある心理ですね。1人でいたくない。結構話も盛り上がり、仲良くなれたかなと思ってましたが、次に会った授業参加で、挨拶したら、スルー。えっと思いました。前回、あんなに仲良く話をしていたのに。仲の良いママサン達がいるときは、私は不要らしい。多分また、このママサンと二人になったら、またあちらから、話しかけてくるパターンでしょうね。  

今日びっくりしたこと

うちの近所のスーパーは、3カ月に一度くらいの割合で、会員向けに5パーセントオフの優待券がついたハガキを送ってくれます。有効期間中にそのハガキをもって、買い物にいって、お会計の際に、レジでそのハガキを見せれば、お買い物合計から5パーセント割り引いてくれます。よくある主婦にとってはうれしいサービスです。そのハガキはノリで真ん中が貼り付けられていて、個人情報である住所、宛名の書いてあるほうと、割引の優待券の部分に2つに分けられます。

今日、レジで私の前に並んでいたおばあちゃんは、レジのおばさんに、おもむろにその優待ハガキの優待券にあるほうではなく、住所の書かれている方を出して、「これで割引できるわよね?」と交渉していました。レジのおばさんは、ちゃんとそれが宛名のほうだということを確認して、「こちらはお客様の住所しか書いていませんので、割引できません。」と丁寧にお断りしていました。お断りされたおばあちゃんは、「チッ」っといった感じで、お会計をすませ、レジをあとにしました。おばあちゃんは単に間違えただけなのか、それとも優待券をつかってしまったあとに、優待券の反対側で、もう一回割引ができないかと考えたのか、詳細は不明ですが、なんとなく後者を狙っていたような気が、私はしました。

世の中いろんな人がいるし、レジのおばさんもいろんな人に対応しなきゃいけないんだなあと思いました。以上、今日びっくりしたことでした。

毛玉とり器をつかって毛玉のついた服をきれいにしました。

アクリルやナイロン、ポリエステルといった素材の洋服は、どうしても着ているうちに毛玉ができてしまいます。
毛玉が目立ってくるとそれだけで貧乏くさく見えてしまうし、服の手入れを全くしていないように見えてしまうので、どうしたものかと悩んでいました。

今までは大量発生した毛玉を一つずつハサミできりとるという気が遠くなるような作業を通していたのですが、最近になってやっと毛玉とりを購入しました。
毛玉取りは本当に便利です。
今まで1時間かけてほんの一部分しかとれなかった毛玉が、15分もあればきれいさっぱり取ることができます。
とれた毛玉は毛玉とり器の中に格納達するので、おわった後にたくさんとれた毛玉を見分けるのはとても爽やか気分になります。

おかげですっかりとはまってしまい、毛玉とりを購入してからは今まで手入れを怠りがちだったニット系や、毛玉のついたスカートなど、あらゆるものに使っています。
おかげで今まで毛玉があるからと着ていなかった洋服も、また着ることができるようになりました。
こんなことならばもっと早くに購入すればよかったなと思っています。
これさえあれば、これからもお気に入りの洋服たちを長く愛用することができそうです。