今日は、妊婦検診がありました。

今日は、出産後の一週間検診がありました。早く行きすぎてしまって少し待ち時間がかかりましたが、私が通っている病院はとても大きなソファーがおいてあるのでそこでボーっと子どもと一緒に過ごしました。子供は一週間立って結構体重も増えてきたので、この調子て母乳を上げてくださいと言われました。私は混合で育てていましたが、やっぱり母乳だけでも大丈夫だとの事だったのでなるべく母乳で育てようと思います。ただ、私が疲れてしまうことも多いので、その時はミルクにも頼っていこうと思います。

最近ミルクが住んでしまったので、また新たに購入しました。ミルクって結構高いですよね。高いのであまり買おうと言う肝にならないですが、やっぱり必要なのでかいました。森永のミルクで、退院するときに森永の方から説明を受けたものをかいました。少し安くなるとかいてあったのでそうしました。それにしても高いです。やっぱり子供を育てるってかなりお金がかかりますね。まあ、検診代は里帰りしていたので後で申請すれば戻ってきますが、何かと今年は出費が痛い年でもあります。そんななかでもしっかりと貯蓄をしていこうと思っています。がんばります。今日も貯金をしてきました。

めちゃくちゃ混んでる中帰省しました

今日は夏の帰省でかなり混んでいました。新幹線もめちゃくちゃ混んでいましたが、とにかく要所要所の駅で人が大量に溢れていたのでそれがすごいなぁって感じでした。

とにかく人をかき分けながら過ごすって感じだったのでそれだけで疲れるなぁって感じでしたね。でもまぁ、無事についたのでそれだけでもよかったかなって思いました。

とにかくお盆の頃に帰省を合わせる人が多くて驚きでした。みんな他に休みがないのでしょうが、こういうのって辛い生き方だなぁなんて思いました。やっぱり普通の仕事につくのはやりたくないなぁなんて思ってしまいました。

それから、お土産も買いに行ったのですが、すごい人で混雑ばかり。何をしているんだろう?って思うほどに人にあふれていて、さすが1億2600万人いるなぁって思いました。こういうのは季節の風物詩って感じだなって率直に思いました。

お盆なので、とりあえず干菓子をお供え物用に購入して役割は果たしたかなぁって感じです。他にも素敵なものがたくさんありましたが、今回はスルー。また少し人が減ってからいろいろ見に行けたらいいなっておもっているところです。帰る頃にはまたお土産にあれこれ購入できたらいいなっておもっていたりもします。

今日は、この間父が熱射病になってまだそれが完全に治っていません。

今日は、つい3日前くらいに父が暑さのせいで熱射病になって病院で点滴を打ちに行ったのですが、まだ完全に回復してはいなくて、まだふらふらしているそうで、十分に仕事が出来ない状態でいます。

このまま倒れてしまったら困るので、極力涼しいところで休んでもらいたいと思っていますが、今実家では自営業の仕事が繁忙期の時期で人手が足りなくて人手不足な状態です。

なので、父はどうしても率先力なのでどうしても仕事をシなければまわらない、というところがあります。ただ、無理してそれで倒れてしまったほうが困るので、積極的に休むように言っています。

今年の暑さは以上すぎて話しにならないくらいなのでもうどうしようもありませんよね。

みなさんも体調だけはくれぐれも気をつけてください。もうこればっかりはどうしようもありませんから、それに、家のかなに要られるのならできるだけクーラーにあたって涼しいところにいてあげてください。私はそうしなければ身体が持たないと思います。

今甲子園がやっていますが、選手も含めて応援席の人たちも熱中症にならないかとても心配です。熱中症は自分ではわからないですから、気がついた時にはもう手遅れ、というようになってしまっては困ってしまいます。もういい加減自然に逆らうようなことはせずに、兎に角自然と一緒に生きていくという姿勢で今後私達は過ごしていかなければならないと思います。

広島近辺の災害であったり今回の猛暑であったり、そもそも人間が色々なことをしてきたからこうなってしまったのであって、温暖化は人間が創りだしたものなので、これからは地球に優しくしていか泣けばいずれ人類はどうにかなってしまうと思います。

お出かけ日和

今日はとっても天気が良かったので、友人と隣の県にお出かけに行くことにしました。電車やバスを使うと時間がかかってしまうので、今日は友人の車でお出かけです。

家事を終わらせ友人に迎えに来てもらいました。その時はもうお昼を回っていたので2人とも腹ペコだったので、行く途中のうどんが有名なお店に入りました。暑い日だったので、冷たいうどんを選びました。のど越しがよくて、おいしかったです。

その後車を1時間程度走らせ、湖の周辺を回り、お花のきれいな公園で散歩してみることにしました。今日は青空だったので湖や山などといった景色がよく見え、散歩していると気持ちく、リフレッシュされました。また、お花もとてもきれいで2人で写真をたくさん撮りました。

写真とお散歩に満足するとお目当ての桃を食べようとしたのですが、残念ながら食べたかった桃のプレートは完売していたので、パフェを食べることにしました。白桃のパフェなのですが、身が赤かったので不思議です。季節限定の食べ物なので、みずみずしく美味しいだけではなく、美容効果もありそうで綺麗になった気分です。帰りは少し時間があったのでいつもと違う道で帰ることにしました。今日はたくさん食べてお話をしたので楽しかったです。また、明日からも頑張れそうな気がします。

大地震の映像を見るとどうしても思い出してしまいます

最近また日本で地震が多いです。昨日も大阪で大きな地震がありました。昨日は朝からパートに行ってたので、パートが終わって携帯を見て大地震があったことを知りました。テレビを付けるとそのニュースばかりです。ニュースで地震の映像を見ると3.11の大震災をどうしても思い出してしまいます。その時、ちょうど妊婦で息子がお腹の中にいました。上の子はまだ幼稚園に通っていなかったので家に一緒にいました。主人はいつも通り会社に行っていました。子どもは一緒にいたので子どもの心配はありませんでしたが、主人と連絡が取れなく、連絡が入るまで心配で心配でたまりませんでした。

主人も私たちと連絡が取れるまで心配をしていたと思います。今回の大阪の地震はちょうど通勤通学の時間帯だったので、学校に向かう子ども達や会社に向かうサラリーマンたちが駅で混乱している映像が何度も流れていました。私は人口密度の高い場所が苦手なので、もし自分がその場にいたらと思うと恐ろしいです。通学中のお子さんや通勤中のご主人と連絡がとれなかった方は不安でたまらなかったと思います。まだ余震が続くと思いますが、これ以上被害が広がらないことを願います。そして、私が住んでいる関東地方にも大きな地震が来ないことを願っています。

イヤイヤ期真っ盛り!の息子との向き合い方

私には現在2歳になる息子がいる。

結婚して約3年後にようやく授かった、大事な大事な私達夫婦の宝物の息子。

それこそ、目に入れても痛くないほどたまらなく可愛い存在の息子。

しかし…。それは1歳半を超えたあたりから始まった。

「イヤイヤ期」

本当に文字の通り。

もう、何をしてもイヤ!やだ!やんない!の連続。その繰り返しの毎日。

特に困るのは朝の身支度の時。保育園に通っているため、朝はそうじゃなくてもバタバタしているのに、着替えようと言っても「いや!」お顔を拭こうと言っても「やんない!」終いには床に大の字にひっくり返り、大号泣…。

1歳半から徐々に始まり、2歳になった現在、もはや私の言うことなんてまったく聞かない状態に。そして息子の癇癪のピーク=私のイライラのピークとなり、自分でもこんなに怒る人間だったんだと驚くほど、毎日息子を怒ってしまう日々。

どうしたものかと悩み、ネットで対処法を調べてみると『イヤイヤ期は成長段階の証。必ずいつか終わります。ママも気長にゆったりとした気持ちで乗り切りましょう』

的なことが書いてあるのみ。どのサイトを見ても大体同じようなことが書いてある。

本当にいつか終わるの?いつ終わるの?あとどのくらい?

毎晩、息子を寝かしつけながら自分に言い聞かせる。

「自分にだってこういう時期がきっとあったんだ。でも母は私を大切に一生懸命育ててくれたんだ。母親になったらみんな通る道。だから私も乗り越えるんだ!」

天使の寝顔を見つめながら、今日1日で息子に怒ってしまったことを思い返しては反省する。

そういえば、息子を出産した時に立ち会ってくれた助産師さんが言っていた。

「初めて産んだ赤ちゃんはね、あなたを”ママ”にしてくれるんだよ」

その時は何気なく聞いていたが、2年経った今、私の心に強烈に突き刺さる言葉だ。

そう、初めから完璧なママなんていないんだ。

子供の成長=母親である私の成長。

この子がいるから、私は母親にさせてもらえたんだ、と。

この言葉を忘れないように、しっかりと心に刻みつけながら私はまた息子と向き合ってみようと思う。

トキオの山口メンバーについて思うこと・・・

トキオの山口達也メンバーが謝罪会見をしましたが、何故、今後、一生酒をやめると言えないのか不思議でなりませんでした。

一応、酒のせいでこの事件が起こったという設定ならば、酒を辞めるときっぱり言えばよかったと思います。

しかし、淫行、条例違反、セクハラなどの声はマスコミから一切上がりませんね。

何故、メディアがそんなにジャニーズを恐れるのか私にはよくわかりませんし、別にジャニーズのタレントがそんなに視聴率を取れるわけでもないし(例外はありますが・・・)、ジャニーズがいなくなってもテレビ的には困らないと思います。

ジャニーズのタレントというのは宝塚のタレントと同じで一部の熱狂的なファンが支持しているだけであり、老若男女に支持されなければ数字の取れないテレビの世界では意味がないと思います。

スマップが売れてしまったためにこの様にジャニーズが力を持ってしまったのですが、困ったものです。

しかし、この件に関してはジャニーズ事務所にレポーターも突撃しないし、社長や副社長の謝罪会見もないしで、不思議なことばかりです。

マスコミのダブスタぶりにはヘドが出る思いであり、これではテレビ離れも当たり前であり、福田事務次官であれだけ騒いだのですから、山口はそれ以上の事をしており、政治の世界と芸能界は違うという人もいますが、一般人にとっては同じです。

国民の財産である電波を使って一般人より高額な給料をもらっている人間というのは公人であり、世間、子供への影響力はとても大きいです。

よく、シャブや大麻をやった芸能人が復帰しますが、一般人はそれを見て、「大麻やシャブをやってもたいした罪にならないんだ」と思ってしまい、悪影響です。

年とともに変わる人生観

今年の始め、私は来年母が田舎に帰って余生を過ごすと聞いて、寂しくもあったけど、帰る場所があるって、こういうことかと羨ましいと思った。それからしばらくは、私の人生はこの先どうなるのか?子供がいないし、母が居なくなったら1人になっても帰る場所なんてないんじゃないか?と悶々としていました。

私は専業主婦なので、個人で都合よく使えるお金が少ない。今後の自分のために、副業を始めました。今のところ、老後のビジョンに今の夫が一緒にいるかわからない。とにかく少しからでもお金を貯めなくちゃと思うようになったのです。塵も積もれば山となる収入ですが、久しぶりにお金が入る感じを沸々と感じている最中です。四月から、夫が個人事業主になった。社員でいる理由がなくなったと思うようになったようです。社員だった会社の下請けのような立場になったので、今のところ仕事は変わっていません。この先どうなるかもわかりません。

私は、人生観が確定してきたことが、歳を取るという事がこういうことかと思い知りました。母、私、夫と、3月、4月が誕生月です。歳を取ったと自覚し始めてからいろいろ変わりました。来年、皆んなが歳を取るときにどう変わっているかわかりませんが、あっという間に過ぎる時間を大切に生きて行こうと思わせる変わり目の春になりました。

マダムシンコのバームクーヘン

マダムシンコのバームクーヘンの噂を聞いたのは、近くに住むお友達からです。大き目で、けっこう甘めのバームクーヘンの上にカラメリゼした砂糖がかかっているというシロモノです。糖質制限とか気にしている人にはかなりつらいアイテムですけど、味はすんごい美味しいらしい。あくまでも周りの人の口コミですけどね。

マダムシンコさんは大阪のオバ様で、かなり派手な容姿の方らしくよくテレビなんかにも出ている人みたいです。わたしは見たことがないのですが。

こちらのバームクーヘンはパッケージデザインもかなりしゃれていて、ヒョウ柄が採用されているそうなんです。

ちょっと前に楽天で検索してみたときには、数か月待ちだった気がするけれども、いまは緩和されているのかな。気になるところですね。

バームクーヘンは冷凍してアイスっぽくしても美味しいみたいなので、ぜひ一度お取り寄せしてみたいなあ、と思っている感じです。

それよりも先に我が家の旦那さんが出張で大阪に行ったときにお願いしてみようかなあ、とも思っております。

阪急とか。大き目の百貨店に置いてあるのでしょうか。そのへんも詳しく調べてみないとダメですね。

話のネタにもなるので早めに食してみたいものです。

3月に勤め先の人事の関係で下呂温泉に行きました。

3月に勤め先の人事の関係で下呂温泉に行きました。愛媛県の松山市から下呂までは特急で岡山まで3時間、そこから新幹線で名古屋まで1時間半で行き、名古屋で特急に乗り換えてそこから2時間かけて総計7時間で到着する大掛かりな移動の旅となりました。

下呂の駅は古風な作りとなっていて風情がありました。そして赤いのぼりを掲げてそこに花火物語と銘打っていました。よくよく調べてみれば、月何回か日にちを決めて花火を打ち上げるといったイベントを行っていました。駅周辺を歩いてみると、線路を渡ってしばらくいくと飛騨川という大河が広がっていてその川沿いに大きな旅館が立ち並んでいるといった街づくりがされていました。

その飛騨川にかかる大きな橋を渡り、川の支流沿いに温泉街のメインストリートがあり、土産屋や食事処などが並び観光客もその通りを歩いている光景が目に入りました。この下呂という街は温泉と花火とそして飛騨川の優雅な自然を組み合わせて観光客を呼び込もうという意識が見えました。

名物は飛騨牛で値段は高そうですが、高級ブランドを押し出してシニア層受けするような環境にあると思いました。それでも街自体は観光に特化しているために若者が住むには物足りなく、就職は都市圏に移らないとなさそうな感じの街でした。でも旅行するには自然が豊富で温泉も良質なので根強い人気があると思いました。