久しぶりにハンバーグを作る

一年ぶりぐらいにハンバーグを作った。なんだか手間がかかりそうな感じがして、しばらく作っていなかった。しかし、手を動かしはじめると、玉ねぎをみじん切りして、炒めて、肉に味付けし、つなぎを入れて、炒めた玉ねぎ入れて、形を作って焼くだけだから、そんなに手間はかからない。魚焼いて、副菜作って、卵焼きをつくって、味噌汁を作るといういつものメニューの方が、副菜をなににしようか、味噌汁に何をいれようかと考える分大変な気がする。

ハンバーグなら、野菜を添えるだけ、スープはコンソメスープに玉ねぎだけで、特別なごちそう感がある。ひき肉は魚を人数分買うよりも安かったりするし、他の材料は卵とかパン粉とか調味料とか玉ねぎとか家に常備してあるものでできるし、ソースを変えれば様々なバリエーションが楽しめる。楽なのに家族はごちそうだねっていってくれるのはとてもうれしい。今度から晩御飯に困ったらハンバーグを作ろうと思った。でも、夕飯のメニューって、同じもの作りすぎて飽きちゃったりするから、適度な感覚を開けるのを忘れないようにしないとね。ハンバーグでお腹いっぱいになって幸せな気分になる。冬は脳の幸せ物質の出が悪い気がするから、肉と炭水化物でのりきろうと思った。

今年の冬こそこたつデビュー

冬といえば?と考えた時にいろいろ思いつくなかで「こたつ」があります。

実家では、冬になると当たり前のようにリビングに用意されていたこたつでした。

冬の友達こたつでみかん。

こたつでうたた寝は最高の幸せ。

こたつがない冬は越せないとまでに思っていたのに、なんと!結婚して自分の家庭を持ってからは、こたつとは疎遠な冬を過ごしていました。

結婚してすぐに妊娠したので、その年の冬は実家でのんびり過ごすことになり、新居にはこたつを用意しませんでした。

次の年からも、子供が小さいうちはこたつを用意しないことにしていました。

低温火傷や窒息が怖くて、エアコンの暖房と床暖房だけで乗り切りました。

床暖房の素晴らしさにも気付き、これだけで大丈夫だと思うほどでした。

しかも、子供に追われる日々でこたつでゆっくりする時間なんて取れそうにありませんでした。

それでも冬になると「今年はこたつかな」と思う年もありましたが「子供たちの食べこぼしがこたつ布団に付くと面倒だな」という葛藤もありました。

そんなこんなで結婚11年目にしてやっと「今年の冬からこたつを用意する!」と宣言しました。

子育ても少し落ち着き、ゆっくりできる時間ができ、より快適な冬を求めたくなりました。

あっという間にたつ一日

朝は、保育園へ行く年少の子どもの準備にあたふた。寒くなって中々起きてくれない息子。起きるタイミングで好きな番組が始まるのでその番組が始まると伝えるとグズグズしながらも起きてくれる。リビングへ抱きかかえ連れて行くがまたいつ寝るか分からない。「朝なに食べる」と聞く。色々ストックがあるときは聞いて作らないといらないと言いだす息子。朝からご機嫌取りも楽ではない。そして、「焼きそばを食べたい」と言うので焼きそばを温めて出すがテレビを観ながら食べているのでろくに進まない。だけど出かける時間はどんどん近づいてくる。

しかたないので、息子に食べさせながら出かける準備をする。ご飯を終わった頃にはもう家を出る時間。慌てて家を出て保育園に送った。そして家に帰るなり次は下の子の離乳食をあげなければならない。離乳食をあげていると手足をバタバタさせ離乳食を溢す。こぼれたので離乳食を再度温め直す。それが終わると買い物に行き帰ると昼食の時間。昼食を済ませ、息子に風邪薬を飲ますが、また手をバタつかせ薬をこぼしてしまう。二度目の片付けタイム。薬をまたあげるのもと思い薬は息子に諦めてもらっていると息子がお腹減ったと泣き出すのでミルクをあげる。それが終わると休む間もなく夕飯の準備に取りかかる。それが終わり宅食サービスの注文をチェック。あっという間に、上の子のお迎えの時間。一日なんて一瞬で終わってしまう。早すぎるので、たまにはなにもせずのんびりする時間が欲しいと思った。

川辺の散歩で出会う季節

川辺を散歩するとカモの姿があちこちに多く視られるようになりました。他の水鳥も混じっているのですが、名前がよくわかりません。カモが10羽以上で、水の上で群れているのはみているだけで面白いです。特に、足を視ていると懸命に動かす姿がとてもかわいく感じます。時々は場所を移動するために群れを作って飛ぶすがたも視られるのでそれも楽しみです。しかし、この川はかなり幅はあるのですが用水として作られたものなので、せっかく飛んできたカモももう少しすると川の水が少なくなってしまうので残念です。

 季節柄、いまは、コスモスの花と菊のはなが混在して散歩道を飾っています。車もほとんど通らない道なので、毎日の散歩を気持ちよく行うことができます。犬の散歩を行っている人の姿や、マラソンをする人の姿も多く見られます。犬も嫌いではないので、かわいい姿を楽しませてもらっています。また、公園では、サクラの木々が赤く紅葉して葉を落としているので、きれいな葉を何枚か拾って、家の玄関に飾りました。

 散歩の楽しみは、もちろん健康のためと言うこともありますが、車移動では、感じられない季節の移り変わりを感じさせてくれます。そして、なによりも朝の空気の気持ちよさを感じます。

今日は、妊婦検診がありました。

今日は、出産後の一週間検診がありました。早く行きすぎてしまって少し待ち時間がかかりましたが、私が通っている病院はとても大きなソファーがおいてあるのでそこでボーっと子どもと一緒に過ごしました。子供は一週間立って結構体重も増えてきたので、この調子て母乳を上げてくださいと言われました。私は混合で育てていましたが、やっぱり母乳だけでも大丈夫だとの事だったのでなるべく母乳で育てようと思います。ただ、私が疲れてしまうことも多いので、その時はミルクにも頼っていこうと思います。

最近ミルクが住んでしまったので、また新たに購入しました。ミルクって結構高いですよね。高いのであまり買おうと言う肝にならないですが、やっぱり必要なのでかいました。森永のミルクで、退院するときに森永の方から説明を受けたものをかいました。少し安くなるとかいてあったのでそうしました。それにしても高いです。やっぱり子供を育てるってかなりお金がかかりますね。まあ、検診代は里帰りしていたので後で申請すれば戻ってきますが、何かと今年は出費が痛い年でもあります。そんななかでもしっかりと貯蓄をしていこうと思っています。がんばります。今日も貯金をしてきました。

めちゃくちゃ混んでる中帰省しました

今日は夏の帰省でかなり混んでいました。新幹線もめちゃくちゃ混んでいましたが、とにかく要所要所の駅で人が大量に溢れていたのでそれがすごいなぁって感じでした。

とにかく人をかき分けながら過ごすって感じだったのでそれだけで疲れるなぁって感じでしたね。でもまぁ、無事についたのでそれだけでもよかったかなって思いました。

とにかくお盆の頃に帰省を合わせる人が多くて驚きでした。みんな他に休みがないのでしょうが、こういうのって辛い生き方だなぁなんて思いました。やっぱり普通の仕事につくのはやりたくないなぁなんて思ってしまいました。

それから、お土産も買いに行ったのですが、すごい人で混雑ばかり。何をしているんだろう?って思うほどに人にあふれていて、さすが1億2600万人いるなぁって思いました。こういうのは季節の風物詩って感じだなって率直に思いました。

お盆なので、とりあえず干菓子をお供え物用に購入して役割は果たしたかなぁって感じです。他にも素敵なものがたくさんありましたが、今回はスルー。また少し人が減ってからいろいろ見に行けたらいいなっておもっているところです。帰る頃にはまたお土産にあれこれ購入できたらいいなっておもっていたりもします。

今日は、この間父が熱射病になってまだそれが完全に治っていません。

今日は、つい3日前くらいに父が暑さのせいで熱射病になって病院で点滴を打ちに行ったのですが、まだ完全に回復してはいなくて、まだふらふらしているそうで、十分に仕事が出来ない状態でいます。

このまま倒れてしまったら困るので、極力涼しいところで休んでもらいたいと思っていますが、今実家では自営業の仕事が繁忙期の時期で人手が足りなくて人手不足な状態です。

なので、父はどうしても率先力なのでどうしても仕事をシなければまわらない、というところがあります。ただ、無理してそれで倒れてしまったほうが困るので、積極的に休むように言っています。

今年の暑さは以上すぎて話しにならないくらいなのでもうどうしようもありませんよね。

みなさんも体調だけはくれぐれも気をつけてください。もうこればっかりはどうしようもありませんから、それに、家のかなに要られるのならできるだけクーラーにあたって涼しいところにいてあげてください。私はそうしなければ身体が持たないと思います。

今甲子園がやっていますが、選手も含めて応援席の人たちも熱中症にならないかとても心配です。熱中症は自分ではわからないですから、気がついた時にはもう手遅れ、というようになってしまっては困ってしまいます。もういい加減自然に逆らうようなことはせずに、兎に角自然と一緒に生きていくという姿勢で今後私達は過ごしていかなければならないと思います。

広島近辺の災害であったり今回の猛暑であったり、そもそも人間が色々なことをしてきたからこうなってしまったのであって、温暖化は人間が創りだしたものなので、これからは地球に優しくしていか泣けばいずれ人類はどうにかなってしまうと思います。

お出かけ日和

今日はとっても天気が良かったので、友人と隣の県にお出かけに行くことにしました。電車やバスを使うと時間がかかってしまうので、今日は友人の車でお出かけです。

家事を終わらせ友人に迎えに来てもらいました。その時はもうお昼を回っていたので2人とも腹ペコだったので、行く途中のうどんが有名なお店に入りました。暑い日だったので、冷たいうどんを選びました。のど越しがよくて、おいしかったです。

その後車を1時間程度走らせ、湖の周辺を回り、お花のきれいな公園で散歩してみることにしました。今日は青空だったので湖や山などといった景色がよく見え、散歩していると気持ちく、リフレッシュされました。また、お花もとてもきれいで2人で写真をたくさん撮りました。

写真とお散歩に満足するとお目当ての桃を食べようとしたのですが、残念ながら食べたかった桃のプレートは完売していたので、パフェを食べることにしました。白桃のパフェなのですが、身が赤かったので不思議です。季節限定の食べ物なので、みずみずしく美味しいだけではなく、美容効果もありそうで綺麗になった気分です。帰りは少し時間があったのでいつもと違う道で帰ることにしました。今日はたくさん食べてお話をしたので楽しかったです。また、明日からも頑張れそうな気がします。

大地震の映像を見るとどうしても思い出してしまいます

最近また日本で地震が多いです。昨日も大阪で大きな地震がありました。昨日は朝からパートに行ってたので、パートが終わって携帯を見て大地震があったことを知りました。テレビを付けるとそのニュースばかりです。ニュースで地震の映像を見ると3.11の大震災をどうしても思い出してしまいます。その時、ちょうど妊婦で息子がお腹の中にいました。上の子はまだ幼稚園に通っていなかったので家に一緒にいました。主人はいつも通り会社に行っていました。子どもは一緒にいたので子どもの心配はありませんでしたが、主人と連絡が取れなく、連絡が入るまで心配で心配でたまりませんでした。

主人も私たちと連絡が取れるまで心配をしていたと思います。今回の大阪の地震はちょうど通勤通学の時間帯だったので、学校に向かう子ども達や会社に向かうサラリーマンたちが駅で混乱している映像が何度も流れていました。私は人口密度の高い場所が苦手なので、もし自分がその場にいたらと思うと恐ろしいです。通学中のお子さんや通勤中のご主人と連絡がとれなかった方は不安でたまらなかったと思います。まだ余震が続くと思いますが、これ以上被害が広がらないことを願います。そして、私が住んでいる関東地方にも大きな地震が来ないことを願っています。

イヤイヤ期真っ盛り!の息子との向き合い方

私には現在2歳になる息子がいる。

結婚して約3年後にようやく授かった、大事な大事な私達夫婦の宝物の息子。

それこそ、目に入れても痛くないほどたまらなく可愛い存在の息子。

しかし…。それは1歳半を超えたあたりから始まった。

「イヤイヤ期」

本当に文字の通り。

もう、何をしてもイヤ!やだ!やんない!の連続。その繰り返しの毎日。

特に困るのは朝の身支度の時。保育園に通っているため、朝はそうじゃなくてもバタバタしているのに、着替えようと言っても「いや!」お顔を拭こうと言っても「やんない!」終いには床に大の字にひっくり返り、大号泣…。

1歳半から徐々に始まり、2歳になった現在、もはや私の言うことなんてまったく聞かない状態に。そして息子の癇癪のピーク=私のイライラのピークとなり、自分でもこんなに怒る人間だったんだと驚くほど、毎日息子を怒ってしまう日々。

どうしたものかと悩み、ネットで対処法を調べてみると『イヤイヤ期は成長段階の証。必ずいつか終わります。ママも気長にゆったりとした気持ちで乗り切りましょう』

的なことが書いてあるのみ。どのサイトを見ても大体同じようなことが書いてある。

本当にいつか終わるの?いつ終わるの?あとどのくらい?

毎晩、息子を寝かしつけながら自分に言い聞かせる。

「自分にだってこういう時期がきっとあったんだ。でも母は私を大切に一生懸命育ててくれたんだ。母親になったらみんな通る道。だから私も乗り越えるんだ!」

天使の寝顔を見つめながら、今日1日で息子に怒ってしまったことを思い返しては反省する。

そういえば、息子を出産した時に立ち会ってくれた助産師さんが言っていた。

「初めて産んだ赤ちゃんはね、あなたを”ママ”にしてくれるんだよ」

その時は何気なく聞いていたが、2年経った今、私の心に強烈に突き刺さる言葉だ。

そう、初めから完璧なママなんていないんだ。

子供の成長=母親である私の成長。

この子がいるから、私は母親にさせてもらえたんだ、と。

この言葉を忘れないように、しっかりと心に刻みつけながら私はまた息子と向き合ってみようと思う。