川辺の散歩で出会う季節

川辺を散歩するとカモの姿があちこちに多く視られるようになりました。他の水鳥も混じっているのですが、名前がよくわかりません。カモが10羽以上で、水の上で群れているのはみているだけで面白いです。特に、足を視ていると懸命に動かす姿がとてもかわいく感じます。時々は場所を移動するために群れを作って飛ぶすがたも視られるのでそれも楽しみです。しかし、この川はかなり幅はあるのですが用水として作られたものなので、せっかく飛んできたカモももう少しすると川の水が少なくなってしまうので残念です。

 季節柄、いまは、コスモスの花と菊のはなが混在して散歩道を飾っています。車もほとんど通らない道なので、毎日の散歩を気持ちよく行うことができます。犬の散歩を行っている人の姿や、マラソンをする人の姿も多く見られます。犬も嫌いではないので、かわいい姿を楽しませてもらっています。また、公園では、サクラの木々が赤く紅葉して葉を落としているので、きれいな葉を何枚か拾って、家の玄関に飾りました。

 散歩の楽しみは、もちろん健康のためと言うこともありますが、車移動では、感じられない季節の移り変わりを感じさせてくれます。そして、なによりも朝の空気の気持ちよさを感じます。