保育園のお迎えに関する昨日のおはなし

私は以前まで時間に余裕がある際には保育園に通わせている息子と娘のお迎えに積極的に行っていました。
息子はお兄さんクラスで、娘はまだ赤ちゃんクラスです。
お迎えに行くと少しの時間でも我が子が保育園でどんな生活をしているのかや、親がいないときお友達とどう接しているのか直に見ることが出来て意外と貴重です。
ですが、ここ最近では私のお仕事が忙しいこともあり、お迎えは家族にお願いしているので行く機会が減ってしまいました。
ですので保育園での出来事などは帰宅後にお便り帳や、息子のお話しを聞いて知るという感じでした。
ただ昨日は想像以上に時間に余裕が出来たためかなり久し振りに私が保育園へお迎えに行くことが出来ました。
「最近はどんな感じかな?」と、保育園に到着してもすぐにはクラスに入らず、まずはガラス越しに息子や娘の自然な園生活を少し観察してみました。
娘の方は以前よりも積極的にお友達と接していて「お、先生にベッタリではなく、お友達といるなんて成長している!」と、自宅とは違う成長の姿が見れました。
そして息子ですが、観察力が良いのか私がチラッと見た瞬間、大勢のお友達や担任の先生と遊んでいたにも関わらずすぐさま気付かれました。
しかも凄い久し振りに私がお迎えに来たせいか、クラスに入ったと同時に帰りの支度を素早くし、数年振りに会う親子の感動の再会のように走って抱き着いてきました。(笑)
何だか新鮮と言いますか、我が子のリアクションがとにかく面白かったです。
無事お迎えは終了した後は、帰りに夕飯の買い物を一緒にし、お菓子を一つ買ってあげたりしながら帰宅しました。
本当はもっと頻繁にお迎えに行ければ良いのですが、まぁ仕方ないです。
そんな感じで昨日、かなり久し振りに我が子二人を自分で保育園へお迎えに行けたお話でした。
また時間があれば積極的に行きたいと思います!以上です。