アウトレットモールのお得感

私は良くアウトレットモールに行って洋服や靴、バッグ等の小物を買いにいきます。
特に3品以上買うと、全品○%OFFなど、イベント時に集中して買い物をすることが多いです。
ただ、こういう買い方を続けていると、無理に買ってまったく使わずにいる品、それからあわよくばフリマで売れたらラッキーみたいな品で溢れてしまいます。
なぜ、こういう無駄が発生するのか。
アウトレットモールという空間自体、自分だけではなく、周りの買い物客も買い物しないと、とそわそわした感じがあるため、それに釣られて自分の購買意欲もあがっているような気がします。
繰り返されるセールのアナウンス。照明の落とし方に至るまで、ひょっとしたら人がお金を落とす、ありとあらゆる仕掛けが成されているのかもしれません。
そうして平常時は大して興味のないものにも興味を示したかのうような、錯覚的な感覚に陥り、本当は買う必要のないものを買っているのではないか。
溜まった未使用品を見て、最近、ちょっと考えを改めなければ、と思っています。
ただ数年前にアウトレットで買って今も大切に使い続けているものもあるので、良い買い物も出来るけど、結構無駄な買い物もしている自分の癖を見極めよう、と思っています。
私が引っかかるのが、最初にも述べた、何品買うと割引、あるいは何品目はタダ、という時に無駄な買い物が生じやすいです。
このようなセールがある場合は自分でしっかり手綱を意識的に引いていこうと思います。
ただモールの雰囲気が好きなので、モールの仕掛けと自分の行動、そのせめぎ合いを楽しむつもりで自分の行動を観察したいと思います。